3 Tone Sunburst Official Blog

3 Tone Sunburstのメンバーによるブログです!

夏めく時は終わりを告げて 〜月刊3TS 8月号〜

今バンド内ですごくONE PIECEが流行っていて。昨日はライブが終わって宿に戻り、YouTubeで「ONE PIECE名言集」をみんなで見て盛り上がる(特にゴトウが)という夜を過ごしていた。

 

特にうちのメンバーの間で流行っているのが黄猿というキャラクター。

この男、海軍大将というとんでもない肩書きを持つとともに、ピカピカの実の能力を持つ光人間。光速で動けたりとめちゃくちゃ強い。

その上、キャラクターの声がなかなか癖があってゴトウがこのモノマネを極めようと頑張っている。

 

ぜひライブに来たときはゴトウに「黄猿やって!」と言ってみてほしい。きっとノリノリでやってくれると思う。

 

 

ゴトウにめちゃくちゃ怒られそうなので光の速さで前言撤回します。

 

どうも、3 Tone Sunburstドラム担当のアサノです。

月末にお届けしている月刊3TS、8月号です。なんか涼しい日も増えて秋めいてるなって感じる今日この頃だけど、逆に夏らしいことが何もできなかったっていう後悔が胸の中にへばりついている。

結局自分の行動力とか人望とかそういうところに問題があるんだよな、みたいな話は自分のブログですることにして、今月も振り返っていきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

8月の3TSの活動まとめ

 

ライブ

・8/7 @渋谷CLUB CRAWL

・8/30 @名古屋池下CLUB UPSET

 

以上2本でした!初旬にホームのCRAWL、そして下旬も下旬に初の名古屋でございました。

今回のCRAWLは3TSを中心にブッキングしてもらって、初めて周年企画のトリを任せてもらいました。僕らにとって特別なライブハウスの特別な月をこういう形でお祝いさせてもらえたのはとても嬉しかったし、気合が入った!

CRAWLの今年の記念Tシャツめっちゃいいからおすすめ。みんな買った。

 

画像

 

あと、そのライブはCENTRAL DOGMAにも出てもらって、というか呼んで。

もう本当に仲良くしてくれているバンドで、彼らのライブもすごく久しぶりに見たのだけれどいつも刺激的。これからも仲良く高め合っていきましょう。

ギターのおでぃとかには「嫌だ〜」とか言われそうだけど。

 

 

 

 

そして何より、8/30の初名古屋遠征。

実はずっとUPSETには来ませんかって言われてて。メンバーが濃厚接触者になって流れちゃったりとか色々あったので、今回念願叶っての遠征になりました。

 

今回の遠征は今までみたいにどこかのバンドに呼んでもらったとかじゃなく、あくまでもライブハウスのブッキングだったから、個人的には少し違う状況に不安感があったの。

でも東京から応援に来てくれたファンの方がいて、そうやって楽しみにしてくれている人に背中を押してもらえたし、初めて僕らを見てくれた名古屋の方々にも全力で今の我々を見せれたのではないかなと思ってます。

 

セットリストも今の僕らが一番やりたい曲を詰め込んだハッピーセットみたいな感じにしました。いやぁ楽しかった。また来ます!

どんどん色々な地域に行って、どんどん好きだなって思える場所が増えているのって本当に楽しいし、充実感がある。

 

個人的にはライブ終わってからサウナに行けたのが最高です。ととのいすぎて、メンバーから「ととのい」って呼ばれました。

今日は名古屋をもっと好きになるために、うまいもんたくさん食ってきます!!

 

バンドワゴン

バンドワゴン

  • provided courtesy of iTunes

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に9月のライブスケジュール!

 

・9/4 @渋谷CRAWL

秋天-shuten-”

w/

シンダサカナノメ

kageori

LOVES

カラノア

 

画像

 

・9/5 @下北沢近松 

『僕らの物語を此処から、』#96

LaughTONiC New Digital Album「25」Release - 若さのせいにするツアー -

w/

時を唄えば

LaughTONiC(徳島)

灰かぶり

shioli

画像

・9/12 @新宿Marble

"TRUTH "

w/

CUTMANS

Ciel Commit

Halujio

Subsp.

 

画像

 

・9/23 @sound stream 佐倉

Fusee 2nd EP Release Tour 『Stainig Tour』

w/

Fusee

HollowBug

CULTURES!!!

CUTMANS

youth

 

画像

 

以上4本です!盛りだくさん。是非お越しください。

取り置きは各種SNSのDM、メールで承ります!

 

好きな街、好きな人が増えそうな1ヶ月。9月も応援よろしくお願いします!

 

twitter.com

www.youtube.com

 

 

 

飛行機雲追いかけた少年 〜月刊3TS 7月号〜

去年の今頃、みんな空に向けてシャッターを切っていた。

 

陰鬱とした情勢の中を破るような爆音に、そこに残る大きな飛行機雲に、とてもワクワクしたことを思い出す。暑い中、人々が河原までやってきて一斉にカメラを向ける。

 

ブルーインパルス。その魅力に少年の頃から取り憑かれ、今も追い続ける男が僕の身近にいるんだけど知っていますか。

 

ヤマギシっていうベーシストなんですけど。

 

ひこうき雲

ひこうき雲

  • provided courtesy of iTunes

 

どうも、ドラム担当のアサノです。

月末にお届けしている月刊3TS、7月号となりました。アホみたいに暑いっすね。最近のアサノはアイスボックスの中にレモンスカッシュとかの柑橘系の飲み物をぶち込むのにハマっています。これがとっても美味しい。今すぐに飲みたい。

 

閑話休題

 

先日各種SNSでもアナウンスした通り、3 Tone Sunburstのメンバーが新型コロナウイルスの陽性となりました。それを受け以下のライブ出演をキャンセルさせていただきました。

 

7.29 下北沢CLUB251
HIGH BONE MUSCLE pre.
"COSMOLOGY 2022"Tour Final

 

各方面の方々にご迷惑とご心配をかけてしまう結果となり、申し訳ございません。

該当メンバーですが、体調は回復し無事療養を終えました。

チケットを買われた方でキャンセルしたいなどあればDMやメールで承るので、連絡おねがいします。

 

いやー、マッスルニキ(詳しくは6月号参照)のツアーファイナル。しっかりお祝いしたかった。やりたい曲も沢山あったんだけれどね。

次の機会必ずこの借りを返させてください。よろしくおねがいします。

そしてツアファイ、おめでとうございます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

7月の3TSの活動まとめ

 

【ライブ】

7/2  "ひこうき雲" @渋谷CLUB CRAWL

 

というわけでライブはホームCRAWLでの1本のみでした。

 

この日のライブはギターのごっちゃん(まーくん、ゴトウ)が夜勤を控えていたためトッパーでの出演に。全力の25分をステージで披露した後、彼はステージ衣装からスーツに着替えそのまま夜の街に消えていきました。

 

 

そのライブはというと、特にタカシマが気合い増し増しで。

というのも僕以外のメンバーは前日BBHFのライブに行っていて(アサノは仕事)、刺激を受けてのライブ。フロントマンの気合いが強いとメンバーもそりゃあ引っ張られていくもので、気持ちよく演奏してました。

 

ベースのヤマギシも新しくアンプヘッドを買っての初戦。セットリストも久々の「モチーフ」、新曲「ジャンクション」を最後の曲に持ってくるなどこれまでとは違う姿を見せれたかなと思います。

 

変化しないと成長しないっていう風に店長のコイケさんからも言ってもらったので、色々考えて次もやっていきたいなと思います。

 

 

この日の僕ですか?

ドラム撮影用のカメラをセットしたのに、再生押し忘れたから映像撮れなかった。

あと、CRAWLに麻雀の牌があって打ち上げ中にコイケさんたちと四人麻雀してた。

親番で小三元張ったんだけどな〜、無念。

ちなみに残りの二人はUNOで惨敗。特訓だな。

 

画像

 

モチーフ

モチーフ

  • 3 Tone Sunburst
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

 

【配信】

・楽器の使いやあらへんで!(生出演)

 

久々に四人揃って配信にも出演!

この日は前回の配信で宿題になっていた、アニメ「けいおん!」の "Don't say lazy"のカバー企画の発表日でした。

 

こちらから僕らのカバーが聴けるので、是非チェックしてみてね。

大体40:00〜から。

www.youtube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さぁ8月、しっかりやり返していきたいと思います。

個人的にはライブが全然できなくてモヤモヤしてますので。

新曲も作ってるのでお楽しみに。

 

▼8月ライブスケジュール

 

・8/7(日) CLUB CRAWL pre.夏めく

-CLUB CRAWL 17TH ANNIVERSARY-

w/ zanpan

ayatori

ユーナイトグッド

CENTRAL DOGMA

 

8/30(火) "TORE!" @名古屋CLUB UPSET 

w/ BACKDAV

明烏

O'D SECT

RAINY NOISE

 

画像

 

画像

 

 

▼9月ライブスケジュール

 

・9/5(月) @下北沢 近松 『僕らの物語を此処から、』#96

LaughTONiC New Digital Album「25」Release - 若さのせいにするツアー -

 

・9/23(金)@ Sound Stream sakura

Fusee 2nd EP Release Tour 『Stainig Tour』

 

チケット取り置きはメール、または各種SNSのDMまで!よろしくおねがいします!

 

ではまた。

ドラム アサノ

 

twitter.com

www.youtube.com

www.3tonesunburst.com

雲間から差し込むプリズム〜月刊3TS 6月編〜

人間は物事を意識していないと、簡単に忘れてしまう生き物だなと。

 

例えばよく言われるのは、一昨日の夕飯何食べたかっていう話。取るに足りない日常を送る僕はそれを思い出すのにかなりの時間を要する。

あとは酒の席での言ったじゃん、言ってないよ論争。勢いに任せて放つ言葉は自分の意識という支配域から気づいたら放たれ、たまに他者に突き刺さって古代の遺物と化してしまうことがある。

 

まぁ何が言いたいかというと

 

バンドメンバーみんなこのブログのことを忘れていたということです。

 

2022.6.4 前橋DYVER

どうも、文章担当大臣ことドラムのアサノです。

 

と言いつつも個人のブログもかれこれ3〜4ヶ月くらい更新していないのでリハビリみたいな感じでこのブログを書いています。

 

気分を文筆家にするために、(あと用事があったので)原宿の東急ヒルズ内のスターバックスコーヒーに入店してMacBookをカチカチしてるんだけれど、目の前に座っている女の人が綺麗すぎて全く捗りません。場所ミスったな。

 

まぁとにかく。今月から月一ペース(多分月末)でまたこのブログを更新することになりました。毎月の3TSの活動とかのお話を総括する感じで書いていければと思います。もしも続けることができれば、バンドの活動を綴った大きな資料ができるかもね的な。そううまく行くとは思えないけれど、まぁゆったり楽しんでください。

 

ちなみにこれからの記事のお相手はアサノです。

他のメンバーの文章も面白かったんだけどね。よろしくどうぞ。

 

2022.6.17 新宿SAMURAI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

6月の3TSの活動まとめ

 

ライブ

・6/4 前橋DYVER      HIGH BONE MUSCLE 6th single

                                             「Prism」release tour [COSMOLOGY 2022] (★)

 

・6/17 新宿SAMURAI              6th anniversary event -HIBIKI-

・6/22 SHIBUYA eggman       心臓爆発日和-SHIBUYA52-

 

ということで久々にライブが3本できた月でした。1本は遠征で初めての群馬。1本は久々の新宿SAMURAI。そしてもう1本はバンドとしては初めましての渋谷eggman。

 

セトリ的には定番の「朝凪橋」とか最近の推し曲の「サハリンの虚構」を中心に、最近できていなかった「蒼碧から」・「決意」とかを盛り込んでみました。久々にやると楽しいし、今後も大事にしていきたいなって再確認できました。

 

 

 

ということでここからは今月一番印象に残ったライブ(★)の話を。

 

 

群馬のお話をいただいたのは確か、僕らの5月の企画ライブのときだったと思う。

あの日のイベントでトリ前を務めていただき、舞台裏で「このあとライブしたくねぇ…」とメンバーが口を揃えるほどのパフォーマンスを見せて下さったHIGH BONE MUSCLE。

我々はそのカリスマ性・優しさ・演奏力などに敬意を表し、マッスルニキと呼ばせてもらっています。

そんな先輩たちが僕らを群馬に連れて行きたいと。これは出るしかねぇ!!

気合いと機材をパンパンに詰め込んで車で約2時間弱。3TS群馬は前橋、初上陸と相成りました。

 

Flight 571

Flight 571

  • 3 Tone Sunburst
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

 

過去同じエンジニアさんに色んな意味でお世話になっていたことが判明したoldflameパイセンとその日1の盛り上がりを果たし、偉大な先輩方に背中を押されるような形で上がったDYVERのステージ。

 

個人的には初めての箱のライブってアウェー感があって怖いんだけれど、メンバーの背中が大きく見えて腕を振り切ることができました。音楽という武器はどこまで自分たちを連れて行ってくれるのかな。

そんなことを思わせてくれるようなライブでした。

 

軽い打ち上げは特徴がないことが特徴みたいな味のラーメン屋。

みんなが車で移動する中、俺だけそのラーメン屋まで3km走らされたのも含めていい思い出だし、一つまた大きな輪に入れてもらった感じがして。遠征(僕は運転しないので)楽しいなと思えました。

 

また前橋に行ったときは力をつけた姿を見せられるように。

 

マッスルニキ、オルフレパイセン。7月に企画があるそうなので是非チェックしてみてね。

 

2022.6.22 SHIBUYA eggman

 

ということで7月の我々の活動も是非応援してください〜!!

 

ライブ情報

7/2 渋谷CLUB CRAWL   ひこうき雲

w/ 友達博物館  シンダサカナノメ  and more…

 

それではまた来月!

 

お読みくださりありがとうございました。

 

ドラム アサノ

 

twitter.com

www.youtube.com

 

散歩マスターとやらに興味はないが

バイト中に百恵ちゃんのCDはあるかと聞かれ、


山口百恵さんのCDこちらにございます」


と案内したら


「わかってるね〜。やっぱり呼び方は山口百恵さんだよねぇ〜。」

 

と言われた。

 

 

いや、さすがにお客様に対して百恵ちゃん呼びはできんやろと思った。


あれは確か冬の日のこと。

 

 

 


はっぴーはろうぃん。


後藤です。

 


(私も含めてどいつもこいつも投稿が遅いから)年に一度の私のターンになりました。


皆様いかがお過ごし?


近頃の私と言えば、今更ながら始めた新しい世界の開拓生活を楽しんでおります。

 


前回タカシマリュウヤの回でもありましたが(最近スマホがタカシマリュウヤという単語を覚えたのがちょっと嬉しくて何回も使ってしまうのはここだけの話。タカシマリュウヤ。)、バンドにおいても新たな挑戦に踏み出しました。


新たな挑戦ということで当然新しい知識のインプットを行っているわけですが、私はそれと並行して自身のことを振り返る機会が多くなったような気がしております。

 

 

 


それはきっと季節のせい。

 

 

 


秋。いやもう冬?


冬は散歩が捗る季節。

 


冬の夜に音楽を聴きながら歩き回るの好きな人いませんか?それです。春でも夏でも秋でもなく冬。日中じゃなくて夜。これ共感してくれる人いると思うんだけどな。どうよ。

 


死ぬほど寒いなあなんて考えながら歩いてると、聴いている音楽に絡みついた思い出が浮かんでくる。


そこから芋づる式に色んなことをぐるぐるぐるぐる。自分の好きなこととか癖とか。流れてくる音楽にノリノリになってまたちょっと難しいことを考えてみたり。

 

 

 

 


私がいわゆる萌え袖というやつをやりがちなのは、普通に手を振って歩くのが手持ち無沙汰に感じられてイヤだから。立っている時にポッケに手を突っ込んだり腕くんだりするのも同じ理由。


文章書く時に文末に変な単語つけたり一人称を「わし」にして話すことがあるのもどこか居心地の悪さや気恥ずかしさを感じることがあるから。


話す時に稀に使う言い回しは高校の教師の影響を受けている。「怒られろ」って使いがち。

 

 

 

 


ね。止まらんでしょ。

 

こんなことを寒空の下1人でやっているわけです。

変な人ね。

 


終着点があるわけではない。がモヤモヤとしていたものが少しスッキリする。気がする。他の事にエネルギーを使う事で一時的に忘れてるだけのような気もする。いや多分そっち。

 

ただまあ自分を見つめ直すきっかけになっていることは確か。


忘れていた事を思い出して懐かしくなったり恥ずかしさに死にそうになったり。


そんなのも全部ひっくるめて今となっては良い思い出になってるものが結構ある事にようやく気付いた今日この頃であります。LINEのアルバムとか見返してみ。ああこんなことあったなあってちょっとほっこりするから。

 

 

毎日頑張っている皆様、お疲れ様です。

一旦落ち着いて整理する時間も大切に。

知らず知らずのうちに視野が狭まっている可能性もあるのでね。

 

散歩、おすすめです。

日々の生活を楽しめない人もちょっとだけ前を向くことができる。かも。

 

そんな感じです。

「冬の散歩」というお話でした。

 

 

 

ほい。

 

 

 

 


最後に。


11/8に「蒼碧から/178」の2曲を配信限定でリリースします。大学生になってすぐに作った曲と大人になることを歌った曲。大学生活終了間際の今リリースする意味がきっとあると思います。

 


ちなみに、


今回の楽曲は完全に自分たちの手での制作。大学生タカシマリュウヤのミックスの集大成も感じてもらえたらなと思います。


はいまた出ましたね。何が出たかすぐ分からなかったあなたはこのブログをもう一度読み返しておきましょう。ここテストに出ます。

 

 

 

そして!


発売を記念してリリースパーティーの開催も決定しました。場所は我らが渋谷CLUB CRAWL。

 

f:id:band3ts1045:20211025181213j:image


果たして我々がクロールバンドになれたのかどうかはわかりませんが、大切なライブハウスであることに変わりはない。今回もよろしくお願いします。


共演者など追加発表をお楽しみに。

 


是非遊びに来て下さいね。ご連絡はバンドのDMでもメンバーに直接でも対応できますので。お待ちしとります。

 

 

 

ほいほい。

 


それではここいらで失礼します。


長々と読んでくれてありがとね。


次いつ回ってくるかは分からんが一年後でないことを祈りましょう。


それまで皆様お元気で。


私はブランチマイニングをしに再び地下に潜ろうと思います。早くエンダードラゴン倒しにいかなきゃね。

では。

 

 


ばいちゃ。

スーパーヒーローになる前にブログ書かなきゃ

この目で捉えた22年は、それがたった22年だとしても、確実に変化している。
 
 
時代は動いている。
 
 
そして、時代は私を置いていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多様性が叫ばれる時代の真っ只中である現在、マイノリティだといわれてきたことを迎え入れる態度の裏には、時代が巡るからこそ起こってしまう「マジョリティだったもの」に対する否定的な風が吹き荒れ、また注目されるものの裏で逆に木の葉一枚すらなびかない影の部分はいまだに日の目を見ることはない。
 
 
自由であるという考え方には、自由であることの可能性を狭める側面があり、必ずしも自分自身を他人に認めてもらうためのものとして作用するとは限らない。
 
 
「認める」という行為が多様性へ繋がっていくと考えると、そこ(多様性)には各個人的な選別が介入するか、またはあるモノ(コト)をそこに存在するだけのモノ(コト)として「認識する」というプロセスを踏むことになる。
 
 
本当の意味での「多様性」とはどういうことなのか、そしてそれは達成できることなのか。
 
 
はたまた私が感じるように、時代の流行の一部分であり、それは過ぎ去っていくものなのか。
 
 
あるいは、多様性というものの多様性が多くの人々に認められていく(認識されていく)ことで、不明瞭な部分が個性として残されていくのか。
 
 
私たちは、多様性という一時代の当事者であり、それを幾億通りの眼差しで見届けている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みなさん最近はいかがお過ごしですか.
 
 
私は一応元気でいます.
 
 
いつか終わってしまう自分の人生と,世界が終わりを迎える日のあまりにも大きなギャップに,意味もなく大きな悲しみや虚しさを覚えるような日々を送っています(もしかすると世界の側が私たちに断ることのできない心中をふっかけてくる可能性もありますが).
 
 
音楽的な面でいうと,表現可能性の拡張を模索するような活動をしています(作詞作曲).
 
 
大それたことではなく,良からぬことを企んでいる少年であると思ってくれるとありがたいです.
 
 
それにあたってメンバーは,編曲の段階でも今まで私たちが見てきたものだけでなく,私たちがまだ生まれていない世界での表現や,触れてこなかったものを受け入れて音を鳴らそうとしてくれています.
 
 
SNSを開いてしまったら最後,いつまでも次の行動を始めるのに時間がかかってしまうように,新しいことを始めるのには勇気がいることだと思います.
 
 
それでも一緒に歩いてくれるメンバーと,聴いてくれるあなたに感謝です.
 
 
やっぱり書かない時間が長いほど文章が書けなくなっていくねえ.
 
 
このくらいで勘弁.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
―「重い腰とブログ」,高嶋龍也

ちょっとだけ背伸びをして 

 緊急事態宣言前の三月とかはスタジオ前に週一回くらい外食に行くのが楽しみで、ネットとかでおいしいお店を調べずに衝動に任せてお店に入るのだけれど。

 

そんなある日。超大雨の中、機材をもって池袋の街をうろついていると、明らかにオープンしたての台湾まぜそばのお店が一件。

普段あまり食べないし興味があったから入店。店内はカウンターオンリーで機材を持って入ってしまったことに罪悪感を感じつつ、入金機で店長のおすすめを注文。

 

まぜそばを待っていると店側にアクシデント。暴風雨に耐えかねた開店祝いのフラワーギフトが突如転倒して辺りに散乱。その上自動ドアも故障。店員さん、焦りの顔が隠せない。

うわぁ、開店したばかりなのに可哀そうだなぁ…。狭い店内に機材も持ち込んで迷惑かけちゃったし、疫病神になってしまったかなぁ…。

 

と思いながら台湾まぜそばを喰らうアサノ。

 

このときまだ別の客に傘を取り違えられたことを知らない。

 

どうも、3 Tone Sunburstのドラム担当、アサノです。皆さんおうち時間いかがお過ごしでしょうか。僕は先月辺りにニンテンドースイッチを購入し、ハンターに転職しカムラの里で悠々自適のハンターライフを堪能しています。いろんな人と一狩り行きたいと思う今日この頃です。

 

英雄の証

英雄の証

  • provided courtesy of iTunes

 

 

さて結構前に我々の新しいアー写を公開したのだけれども。

f:id:band3ts1045:20210506102220j:plain

 

どうです、なかなかいい感じでしょう。

なんかそれっぽくキメて撮ったりもしたのだけれど、これが一番いいねと。

僕らがふざけて遊んでたときにカメラマンのなぁちゃんがその一瞬をバシッと切り取ってくれた我々らしさ全開の写真。完璧。最高。お気に入りです。

 

 

これを撮りに行ったのが去年の年末だったのだけれど。

俺はいざアー写を撮りに行くとなっても着ていけるような洋服がないわけ。普段着てるライブ用の衣装は年末にしては薄いし、もともとゴトウのシャツだし。

 

そこでメンバーにお願いして、ショッピングについてきてもらい、全身コーディネートしてもらうことに。

迷彩柄のパーカー(ウインドブレーカー的な?)とか、スニーカーとか普段ならあまり買わないものを試すことができてめちゃめちゃ勉強になる。

しっかりお買い上げ。

みんな閉店ギリギリまで付き合ってくれたからね、本当にありがたかった。

お陰で撮影もなんか自信を持って臨めたといいますか。服の力って偉大だね。

 

ここでもう一回アー写を見てほしい。ちょっと恥ずかしいけれど主にアサノらへんを。

 

 

 

しゃがんでんなぁ!!!!

 

 

アー写の俺を見てメンバーがボソッと、

「結果論だけどこれならショッピング行かなくてよかったんじゃない?」

 

これは誰も悪くない。うん。

 

一枚の写真にもいろいろなドラマがあるものだなと思った、GWでした。

 

 

ドラマツルギー

ドラマツルギー

  • Eve
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

てなわけで、お読みいただきありがとうございました。

ほなまた。

 

 

twitter.com

www.youtube.com

 

https://www.instagram.com/3ts_official/

 

個人ブログもよければ。

asakantrashbox.hatenablog.com

 

 

ブログ書くのって大変ね。

どうも、3 Tone Sunburstの山岸です。

もう3月になりますね、花粉に悩まされる日々を送っています。

 

さて、前回の後藤からバトンを受け取って人生初のブログを書いていこうと思います。

(前回の更新いつだよって話...文章書くの苦手過ぎてにげまわってましたすいません)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めてこういった文章を書くので何を書くか迷いました。ほんとに迷いました。どんな話題ならかけるのかなって試しに書いてみたりしました。

 

びっくりすることにほんっっっっとに文章が盛り上がらないんです。。。

 

なので今回は文章が書けないよって話を自分の過去を紹介しつつ書いていきます(暴挙)

書けないなりに頑張るので下までスクロールしてもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

 

作文嫌いの歴史は小学校の夏休みの宿題までさかのぼります。

夏休みの宿題と言えば、漢字ドリルや計算ドリル、自由研究に加えて彼が潜んでいます。

 

そう、読書感想文

 

小学校の読書感想文だと400字原稿用紙1~2枚が目安だったので、一般的な方々であれば難なく書き上げていたのかなと思います。

 

 

もちろん私には無理でした。

当時勉強はできるほうだったのでドリルと自由研究は一瞬で終わらせて最後にそびえたつ読書感想文。

最後の最後までやらないで泣きながら親と一緒に書いた記憶があります笑

 

 

 

 

小学校に潜んでいる恐怖はそれだけではありません。

 

そう、卒業文集

 

自分が通っていた小学校は少人数だったこともあり卒業文集の文字数がかなり要求されました。(と言っても1200字程度)

 

 

もちろん無理です。400字の原稿用紙を埋められない人間に書けるはずなかろう。

2週間ほど文章作成の猶予があったのですが、それはもう地獄の日々。

遊びまわろうにも文章作成の重圧が重く背中にのしかかってなんて生きにくい日々だったんだろう。

 

そんなこんなでやっと書き上げた文章ですが、先日メンバーが卒アルを見ていた際に読まれてしまいました。

そして感想を頂きました。

 

「内容薄いな~。」

 

はい、その通りでございます。とにかくいろんな行事にうっすら触れまくった文集はだめですね。ただそれが当時の自分の最高技術だったんです。

 

 

 

 

 

中高生でもそれはもうたくさんの感想文たちに苦しめられました。

大学生の今もたくさんのレポートに首を絞められています。

文章作成が苦手な人間にとってはほんとにつらい教育課程だなと感じています。

 

ライブMCとかのその場でしゃべる系は得意なんですけど、文章起こしは何故できないのか謎が深まるばかり...

とりあえず読書でもしてみますかね(適当)

 

 

 

 

 

ここまできてなんと1000字を越えていまして、自分の成長に大いに感動しています。

最後に最近のバンドのことを軽く触れて次に回しますね。

 

 

 

昨年から散々苦しめられてきたコロナウイルス

ここにきてまた猛威を振るっています。今できることはとにかく耐え抜くことだと思います。

友人との会食を我慢、飲み会や打ち上げを我慢、辛いことだらけですがいち早くこの状況を乗り越えられるようにもう少しだけ頑張りましょう。

 

 

 

我々3 Tone Sunburstは今までライブハウスでの活動をメインにしてきましたがそうもいきませんね。

今の時代離れていてもSNSで繋がることができるので、動画配信などでみなさんの大変な日々の手助けができたらなと思います。

各種SNSのチェックよろしくお願いします!

 

Twitter

https://twitter.com/3ts_1045

 

Instagram

https://www.instagram.com/3ts_official/

 

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCQPBU83J5_AAXQWpB2DY5FQ

 

 

 

はたして次回は誰がこのブログを更新するのでしょうか。

きっと素敵な文章を書いてくれるはずなので更新お楽しみに!